ナノインク懇話会設立趣旨

 ナノ粉末やナノ粒子インクを製造する国内メーカーが、ナノテクノロジーとフレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス産業の振興のために共同して取り組む団体です。ナノインク懇話会は、ナノ粒子の製造プロセス、フレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス関連技術の開発を通した、会員企業相互の技術交流と社会貢献を目的として設立されました。

 

代表の言葉

 ナノインク懇話会は、ナノ粉末やナノ粒子インクを製造する国内メーカーが、ナノテクノロジーとフレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス産業の振興のために共同して取り組むために、平成22年4月に発足した団体です。懇話会設立を提唱しました大阪市立工業研究所ナノマテリアル研究室が事務局を担当し、会員企業相互の理解を深め、互いに協力して技術の交流、情報の交換をはかり、特色ある製品や技術、市場の開発を促進する場を提供することを目的として活動しています。また、業界団体として共通の話題である標準化やナノリスクの問題にについても、会員企業相互の協力のもと、関係団体と連携して活動しています。

 ナノ粉末・ナノ粒子インクは、最近注目を集めていますフレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクスにとってキーマテリアルと言える材料であり、世界に向けて日本の材料技術が発展していくことを願っています。また、そのためには関連分野の様々な業種との連携も欠かせません。そのため、印刷機メーカーやフィルムメーカー、商社等、フレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス産業に関わる企業からの参画も受けつつ、ナノインク懇話会では、研究会活動や他グループとの連携を通じてナノテクノロジーとフレキシブル・プリンテッド・エレクトロニクス産業の振興に貢献して参ります。

                                                                             会長 大阪産業技術研究所 中許 昌美